効率的に始める

オフィスで仕事する若い人

公務員の方は資産運用を効率よく進めることができます。なぜならば公務員という職業は信頼性が高く、仮に中古ワンルームマンションや1棟アパートを買うために金融機関からお金を借りようとする場合、とても審査が通りやすいからです。公務員は勤め先が倒産するということがまずなく、また、リストラされることもありません。そのため、収入が安定しており、返済に不安がないのです。公務員でない人でもこのポイントを押さえることで金融機関から融資を受けやすくなります。資産運用においてローンを取り入れることができれば、運用効率は飛躍的に上がりますので、不動産投資を考えているようであれば、まずは自分の収入を安定させることを考えましょう。

また、金融機関からお金を借りるときに気を付けなければならないこととして、勤続年数があります。多くの金融機関では3年以上の勤続年数を必要としています。つまり、その企業での定着性を見ているわけです。転職を繰り返していることは収入の安定性につながらないからです。もしも、勤続年数が足りないような場合には、中古ワンルームマンション等の実物不動産を保有することを一旦保留し、上場不動産投資信託で頭金を貯めておきましょう。上場不動産投資信託であれば株式市場でいつでも売買することができるうえに、投資口価格の変動もそれほど大きくありません。また、1口当たり数十万円で購入することができます。いろいろな上場不動産投資信託を買っておけば分散投資の効果も得られます。