低金利で始める投資

PCに触れながら仕事する男性

公務員でも各法令を遵守していれば不動産投資をすることは可能です。それどころか、公務員の立場を生かせるメリットが大きく、安定した不動産投資ができると注目されています。 公務員が不動産投資を行う上での最大のメリットは、与信能力が高いために銀行のローン審査が通りやすいという点です。このメリットを生かし、低い利率で有利なローンを組むことが可能です。 また、自分が所属している共済組合の貸付を利用することもできます。共済の貸付は担保が要りません。さらに共済の貸付は信用情報に載りません。これも大きなメリットといえます。 このように、正しい知識を持って、公務員が不動産投資をすることのメリットを生かした方法で取り組めば、安定した収益を得られる優れた投資手段となります。

民間企業の従事者に比べ公務員は生活は安定していますが、収入は高くありません。アベノミクスの成果で世の中の景気が良くなっても、残念ながら公務員にはほとんど関係がありません。また、近年指摘されている年金への不安なども影響して、少しでも収入を増やしたいと希望する公務員に人気を集めているのが不動産投資です。 公務員にも認めてられている副業があります。それは、不動産投資、株式の売買、小規模農業の3つです。その中で、最も安全で取り組みやすいのは、やはり不動産投資ということになります。なぜなら、不動産投資はまとまった資金を用意する必要性が低く、また公務員は社会的信用が高いために与信に強く、低金利でローンを組めるメリットがあるからです。