都市の全景

低金利で始める投資

PCに触れながら仕事する男性

公務員でも法令の範囲内で副業をすることができます。その中でも現在、不動産投資が人気を集めています。公務員は社会的信用度が高いのでローン審査が通りやすいというメリットがあり、少ない資金で安定した不動産投資を行うことができます。

効率的に始める

オフィスで仕事する若い人

中古ワンルームマンション等で不動産投資をするために金融機関からお金を借りようとしているのであれば、収入を安定させることが重要です。この点、公務員の方は金融機関において高く評価される職業の1つとなっています。

投資を行なう

ブルックリン橋から見たマンハッタン

不動産投資は、公務員でも行なうことが出来ます。公務員は他の職業に比べて安定した職業とみなされる事が多く、そのため審査が通りやすいという傾向がありますので落ちる不安もありません。

投資を始める

マーカーで文字を書く人

公務員が不動産の投資を行う事は、届出さえ出せば可能です。 なぜ届く予定を出さなければいけないかといいますと、公務員は、併用して仕事をすることを禁じられているからです。 有事の時は真っ先に駆けつけなければいけません。 他の仕事をしていますと、このような点ができなくなります。 しかしながら、不動産投資は別のものであります。 公務員が行う不動産投資といえば、賃貸マンションの経営を食べていることが多く見られます。 このような場合は、家族経営をされているケースです。 賃貸マンションの経営者は公務員の方であり、実際の運営は奥さんがされています。 このような場合は、勤務地の人事課に届け出を出し、認められれば、何も支障は出てきません。

不動産投資により公務員の方が、公務外の仕事をすると、当然収入を得ることになります。 この時点で、給料から税金を引かれるシステムです。 公務以外の収入は当然わかりません。 確定申告をしないと、支払いを逃れることになってしまいます。 公務員として、税金の支払いを逃れる行為などあってはならないことです。 このようなことから、勤務地に承諾をいただき、確定申告をした上で、給料から税金を引くこととなります。 公務員は常に奉仕の立場です。 間違いを起こしてはダメですので、届け出を行い、監視しているのです。 このような手続きをすれば公務員としても、不動産投資は可能です。 逆に賃貸マンションに進むことについても、公務員と言う経営者であれば信用度も増すことになります。